読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hetemlにEC-CUBE3をインストールする方法

EC-CUBE3 PHP

前回の記事から随分と間が空いてしまいました。

過去にさくらのレンタルサーバさくらのクラウドに対してEC-CUBE3のインストール方法を書きました。

今回はhetemlというレンタルサーバに対してのインストール記事を書きます。

heteml.jp

hetemlには標準でEC-CUBE3をインストールしてくれる機能が用意されていますが、 最新のEC-CUBE3を使いたいという方を対象としています。

また、URL形式は http://ドメイン名/html ではなく http://ドメイン名 で接続できるようにします。

事前準備としてhetemlにsshで接続できるように設定をしておいてください。

SSH のご利用方法 - レンタルサーバー「heteml(ヘテムル)」

hetemlの公開ディレクトリですが、

/home/sites/heteml/users/[ユーザディレクトリ名]/web

に対して設定されています。

今回は http://ドメイン名 でアクセスできるようにするため、その準備を行います。

まず、EC-CUBE3をユーザディレクトリ直下(ログインした時のディレクトリ)において解凍してください。 解凍するとユーザディレクトリはこんな感じになります。 今回はパッケージ版ではなく、Gitからcloneしたものを置いていますので人によっては若干異なります。

.
|-- COPYING
|-- LICENSE.txt
|-- README.md
|-- app
|-- apps
|-- appveyor.yml
|-- autoload.php
|-- cli-config.php
|-- composer.json
|-- composer.lock
|-- composer.phar
|-- eccube_install.sh
|-- html
|-- index.html
|-- phpunit.xml.dist
|-- src
|-- tests
|-- vendor
`-- web

この中にある

apps
index.html
web

はhetemlが標準で用意しているディレクトリとファイルになります。

ではEC-CUBE3をインストールしてみましょう。 ただ、EC-CUBE3をインストールする際に、 標準のままだとインストールが行えないため以下の変更を行います。

  • htmlディレクトリをwebにリネーム
mv web webold
mv html web

webをリネームして、htmlディレクトリをwebに変更します。

  • path.yml.distの変更 src/Eccube/Resource/config/path.yml.dist を開きhtmlと記載している箇所をwebに変更
# realdir::image
image_save_realdir: ${ROOT_DIR}/web/upload/save_image
image_temp_realdir: ${ROOT_DIR}/web/upload/temp_image

# realdir::user_data
user_data_realdir: ${ROOT_DIR}/web/user_data

# realdir::block
block_default_realdir: ${ROOT_DIR}/src/Eccube/Resource/template/default/Block
block_realdir: ${ROOT_DIR}/app/template/${TEMPLATE_CODE}/Block

# realdir::template
template_default_realdir: ${ROOT_DIR}/src/Eccube/Resource/template/default
template_default_html_realdir: ${ROOT_DIR}/web/template/default
template_admin_realdir: ${ROOT_DIR}/src/Eccube/Resource/template/admin
template_admin_html_realdir: ${ROOT_DIR}/web/template/admin
template_realdir: ${ROOT_DIR}/app/template/${TEMPLATE_CODE}
template_html_realdir: ${ROOT_DIR}/web/template/${TEMPLATE_CODE}
template_temp_realdir: ${ROOT_DIR}/app/cache/eccube/template

webに変更した結果となります。

  • InstallController.phpの変更 src/Eccube/Controller/Install/InstallController.php を開き615行目の/htmlを/webに変更
'/html',
から
'/web',
に変更

こちらの変更を先に行った後、

http://ドメイン名/install.php

よりEC-CUBE3のインストールを行ってください。

これらを行うことで http://ドメイン名 でアクセスできるようになります。

出来ないという方や分からないという方はコメントにでも書いてください。