読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EC-CUBE3のURL設定について

EC-CUBE3 PHP

前回まではEC-CUBE3のインストール方法について書きました。

今回は、EC-CUBEで使用するURLについて書きます。

MAMPをデフォルトで使っているとEC-CUBEのURLは、

http://localhost:8888/eccube/html/

となり非常にカッコ悪いですね。

EC-CUBEを利用される方は、 http://[ドメイン名]/ として使う方が多いとおもいます。

今回はMAMPでその設定について記述しますが対象はApacheとなりますので、nginxの方はまたどこかで説明できればと思います。

MAMPをデフォルトで使用されている方は、

/Applications/MAMP/htdocs

がDocumentRootになっています。

これは前回から特に変更せずにそのままにしておきます。

/Applications/MAMP/htdocs/eccube

次に必要なのは、Apacheの設定変更になります。

以下のディレクトリにあるhttpd.confを変更する事で,

/Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf

http://localhost:8001/

だけで接続できるようにしましょう。

httpd.confに対して、最終行に以下の内容を追加してください。

Listen 8001

<virtualhost *:8001>
  DocumentRoot "/Applications/MAMP/htdocs/eccube/html"
  <IfModule dir_module>
    DirectoryIndex index.html index.php
  </IfModule>
</virtualhost>

これを追加後、MAMPを再起動すると、

http://localhost:8001/

だけで接続できるようになります。

設定変更後、

/Applications/MAMP/htdocs/eccube/app/cache

配下にあるディレクトリを全て削除してください。

その後、以前に設定されていた方は再度インストールが必要となりますので、

http://localhost:8001/install.php/

を再実行してください。
今までであれば、eccube/htmlが必要だったのに非常にすっきりしましたね。

http://localhost:8001/http://localhost:8001/admin で接続できるか確認してください。

接続できないという方がいれば、再度MAMPを再起動してみてください。

既にインストールされている方は手動で変更する方法もありますが、それは機会があった時に書きます。

別にeccube/htmlがあっても構いませんが人それぞれの好みになりますのでそこはご自由にしてください。

要望がありましたら、

http://localhost:8001/storehttp://localhost:8001/shop などのサブディレクトリとしてEC-CUBE3を利用できる方法も書きますので、設定したいという方はコメントください。