読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EC-CUBE3.0.11をXSERVERにインストールした時にhtmlを付けさせない方法

これまでhtmlをURLに記事を付けさせない方法を書いてきました。

EC-CUBE3をさくらのレンタルサーバにインストールした時にhtmlを付けさせない方法 - AmidaikeBlog

前回 (EC-CUBE3.0.11がリリース、サーバ選定について - AmidaikeBlog) の記事でも書いた通り、EC-CUBE3.0.11からはhtmlをURLにつけさせない方法が提供されましたので、今回はXSERVERに対してhtmlを外す方法を説明します。
※すでにDBが作成されている前提です。

レンタルサーバでは公開ディレクトリは固定されている事が多く変更する事は出来ないのですが、XSERVERの公開ディレクトリは、

/home/hoge/hoge.xsrv.jp/public_html

public_htmlが公開ディレクトリになっています。
hogeの部分は適宜ご自身の環境と読み替えてください。

過去に説明した記事であれば、.htaccessを色々とごにょごにょする事で対応してきましたが、 今回は、

インストール時にURLからhtmlを無くす | EC-CUBE 開発ドキュメント

こちらを参考にhtmlを外す方法を説明していきます。

EC-CUBE3.0.11のアップロード

EC-CUBE3.0.11を

EC-CUBEダウンロード / ECサイト構築・リニューアルは「ECオープンプラットフォームEC-CUBE」

こちらからダウンロードし、 FTP/home/hoge/hoge.xsrv.jp直下にアップロードします。

EC-CUBE3.0.11の解凍

ここからはsshを使った説明となりますが、XSERVERでsshを使う時は以下のサイトを参考にしてください。

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_ssh.php

SSHでログイン後、解凍されたディレクトリまで移動しEC-CUBEを解凍します。

cd hoge.xsrv.jp
unzip eccube-3.0.11.zip

解凍したEC-CUBEをpublic_html配下にコピーします。

cd eccube-3.0.11
cp -pr . ../public_html/

これで公開ディレクトリにEC-CUBEが解凍されました。

ファイル配置場所の変更

公開ディレクトリまでカレントディレクトリを移動し、htmlディレクトリに存在する必要なファイルを公開ディレクトリ直下に移動させます。

cd
cd hoge.xsrv.jp/public_html
mv html/in* .
mv html/.htaccess .
mv html/robots.txt .

→今回はweb.configは不要なため移動させていません。

.htaccessの削除、.htaccess.sampleのリネーム

移動した.htaccessを削除し、public_html直下に存在している.htaccess.sampleに置き換えます。

rm .htaccess
mv .htaccess.sample .htaccess

index.php、install.phpの書き換え

  • index.phpの書き換え
vi index.php

を実行し、27行目のコメントアウトされている箇所を変更し、26行目をコメントアウトます。

//[INFO]index.php,install.phpをEC-CUBEルート直下に移動させる場合は、コメントアウトしている行に置き換える
require __DIR__.'/../autoload.php';
//require __DIR__.'/autoload.php';

//[INFO]index.php,install.phpをEC-CUBEルート直下に移動させる場合は、コメントアウトしている行に置き換える
//require __DIR__.'/../autoload.php';
require __DIR__.'/autoload.php';
  • install.phpの書き換え
vi install.php

を実行し、31行目のコメントアウトされている箇所を変更し、30行目をコメントアウトします。

//[INFO]index.php,install.phpをEC-CUBEルート直下に移動させる場合は、コメントアウトしている行に置き換える
require __DIR__ . '/../autoload.php';
//require __DIR__ . '/autoload.php';

//[INFO]index.php,install.phpをEC-CUBEルート直下に移動させる場合は、コメントアウトしている行に置き換える
//require __DIR__ . '/../autoload.php';
require __DIR__ . '/autoload.php';

autoload.phpの変更

  • autoload.phpの書き換え
vi autoload.php

を実行し、36行目のコメントアウトされている箇所を変更し、35行目をコメントアウトします。

//[INFO]index.php,install.phpをEC-CUBEルート直下に移動させる場合は、コメントアウトしている行に置き換える
define("RELATIVE_PUBLIC_DIR_PATH", '');
//define("RELATIVE_PUBLIC_DIR_PATH", '/html');

//[INFO]index.php,install.phpをEC-CUBEルート直下に移動させる場合は、コメントアウトしている行に置き換える
//define("RELATIVE_PUBLIC_DIR_PATH", '');
define("RELATIVE_PUBLIC_DIR_PATH", '/html');

.htaccessの追加

公開ディレクトリをEC-CUBEルート直下にしたため、このままだと見せる必要のないディレクトリまで見えてしまいます。
そのため、以下の.htaccessファイルを各ディレクトリ直下に配置してくだsだい。

order allow,deny
deny from all

この内容を srctestsvendorティレクトリ直下に配置します。(appディレクトリ直下には既に存在)

EC-CUBEのインストール

http://hoge.xsrv.jp とアクセスし、インストール作業が出来れば対応完了です。

以上がhtmlをURLから付けさせない方法となります。

他のレンタルサーバでもドキュメントルート部分(public_html)を読み替えて行えば同じ方法でURLからhtmlを付けなくする事は可能ですので是非お試しください。

インストール後もhtmlディレクトリを削除する事は可能ですが、非常にめんどくさいためインストール前に設定するのがオススメです。

この方法で上手く動かないという方はコメントください。